車を運ぶセルフローダートラック

トラックが運搬するものといえば、
私たちに身近な食料品や工事現場で使うブロック、土砂といった
様々なものを想像されることでしょう。

そんな中でも車を運ぶトラックとして知られているのが
セルフローダーと呼ばれる種類のトラックです。

こうしためったに見ないようなトラックも
中古トラック販売店では取り扱っています。

では、セルフローダーは
実際にどのような場面で活躍しているのでしょうか?

最もポピュラーなのは、
作業目的の車両を運び込むという使用方法です。

ショベルカーなどの重機は一般道を走行するために作られていません。
スピードもそこまで出ませんし、
キャタピラでの走行は車両にも道路にも大きな負担をかけてしまいます。

このような車両を
作業現場まで運びこむのに使われるのがセルフローダーです。

セルフローダーは車の積み下ろしをやりやすくするために
荷台が傾斜するような仕組みが採られています。

故障して自走することが難しい車両を運搬する場面でも
セルフローダーが出動します。

どのようなサイズの車にも対応出来るように、
セルフローダーのサイズは大きなものが一般的です。

セルフローダーに車を積み込む作業を行うには、
ウインチの運転に関する作業資格を
取得しなければいけない点にも注意しましょう。

また、セルフローダーの荷台と地面を繋ぐ板を歩み板といいます。

歩み板には自動式と手動式の2種類があり、
前者の方が購入するときの価格が高いことにも気を付けてください。

主役となる重機やトラックを運ぶ
縁の下の力持ちであるセルフローダーは、
トラックを事業で活用するうえで皆さんを助けてくれることでしょう。

購入の際は、お近くの中古トラック販売店などで探してみてください。

ダブルキャブトラックとは

トラックといえば、荷物を運ぶことだけが取り柄と考えている人はいませんか?

確かにトラック本来の目的は荷物をたくさん運ぶことです。
バスのような特殊な車両以外は、
人の乗るスペースをなるべく小さくすることで積載量の増加を図っています。

しかし、トラックの中には積載量を犠牲にしてでも
トラックに多くの人数を乗せようとしている車両も存在します。

それが、ダブルキャブトラックというものです。

中古トラック販売店を訪れたとき、
通常であれば2枚のはずのドアが
4枚になっている車両を見たことはありませんか?

ダブルキャブトラックの特徴は、
その名の通りキャブのスペースを2倍にしている点です。

キャブのスペースだけでなく扉の数も倍にすることで
乗り降りのしやすさも確保しています。

ダブルキャブトラックのメリットは、
現場に多くの人間を送り込めることです。

荷台に積む荷物はそこまで多くなくても良いけれど、
実際に現場に立つ人間は4~5人欲しい。

トラックを仕事で活用していると、
こういったケースに遭遇することも少なくありません。

人間と荷物の両方を1度にある程度の量を運ぶには、
ダブルキャブトラックが最も適しているのです。

大型トラックはもちろんのこと、
中型や小型、軽トラックの中にも
ダブルキャブ方式を採用している車両があるのです。

荷物の積載量を減少させないために、
ロングシャシーを採用しているダブルキャブトラックも販売されています。

ダブルキャブ以上に収容人数が多い
トリプルキャブを搭載したトラックもあるのです。

中古トラック販売店では
ダブルキャブトラックも多数用意されているので
お求めの方はぜひお近くの店舗へ足を運んでみてください。

アームロールタイプのトラックとは

物流に使われるトラックが進化していく道筋として、
走行性能と積載性能の2つがよく挙げられます。

物流とはより多くの荷物を短時間で運び、
なおかつそれにかかるエネルギーが小さいことが望ましいとされているのです。

中古トラック販売店を見渡してみると、
トラックが進化した姿をまざまざと見せつけられます。

走行面に関しては燃費の向上やエンジンの静粛性、
キャブ内の快適化といった課題をクリアした車両が多く存在します。

積載性能に関しても、クレーンやバンを搭載することで
よりたくさんの荷物を効率的に運ぶことが出来るようになっているのです。

今回は、積載性能が進化したトラックの中でも、
アームロールと呼ばれるシステムを導入したトラックについて
見ていきたいと思います。

アームロールは別名フックロールとも呼ばれており、
荷台に積載したコンテナやバンを
アームによって積み下ろしすることが出来るトラックのことです。

クレーンと違うのは、荷物を積んだときに
アームは荷台の下部へと収納されているという点です。

このとき、荷物とアームはすでに接続されているため、
クレーンをいちいち引っかけなくても
スイッチ1つで荷台から荷物を下ろすことが可能なのです。

バンやコンテナを積み下ろしするのに
トラック以外の重機を必要としないため、
労働力の節約にも役立っています。

アームロールタイプのトラックに合わせた
バンやコンテナの形にも様々な種類があり、
生鮮食品から家具や家電といった
様々な世界の物流で重宝されているのです。

トラックによる物流を考えている方は、
中古トラック販売店でアームロール式トラックを見かけたら、
使い心地などを試してみてください。

スワップボディタイプのトラックとは

トラックは日本の物流を現在でもリードしています。

空路や海路が整備された昨今でも、
空港や港まで運ばれた荷物を
目的地に運び込むのはトラックの役目です。

トラックによる物流は時間との戦いといえます。

より多くの荷物を少しでもたくさん運ぶための技術の開発は、
未来にわたるテーマなのです。

こうしたトラック物流の発展に関する知識を蓄え、
中古トラック販売店でその技術を取り入れた車両を購入することが、
時代に乗り遅れないためには必要不可欠です。

そこで今回は、物流に使われる中古トラックの中でも
最近注目を集めているスワップボディという形式のトラックについて見ていきましょう。

スワップボディとは
一見するとトレーラーのように見えるバンボディタイプのトラックです。

トラックによる輸送は通常、
バンに積まれた荷物を他所へ移すという手順が踏まれます。

しかし、スワップボディタイプは
荷台をそのまま着脱させることが可能なので、
船や飛行機にバンごと積載出来るのです。

これによって中身を移すという工程にかかる時間が大幅に短縮されます。

また、スワップボディに用いられるバンには足がついており、
自立する仕組みになっています。

バンが自立するためトラックドライバーは
バンを荷台から下ろした後すぐに仕事へと戻れるのです。

運転手が荷物を積み下ろしに時間と労力をかける必要が無い
スワップボディタイプのトラックは、
女性トラックドライバーにも扱いやすいのが大きな特徴といえます。

効率的で扱いやすいスワップボディを搭載したトラックは、
中古トラック販売店でも人気を誇っているため、
店頭やリストで見かけたら欠かさずチェックするようにしましょう。

バスを運転するテクニック

トラックという車種において、
バスは非常に特徴的な車両といって良いでしょう。

なぜかというと、
ものではなく人を運ぶことに特化した車両だからです。

大型免許を持っている方でも、
すぐにバスの運転が出来るというわけではありません。

トラックにはトラック、
バスにはバスを運転する難しさがあり、
それを意識せずに運転していると
お客や荷物を安全に運ぶことは不可能なのです。

中古トラックの中でもバスの人気が高まりつつある昨今、
事業でのバス導入を考えている方は
バス独特の運転の難しさをきちんと知っておきましょう。

事業で展開されるバスの中でも、
2つのシチュエーションによって必要とされる技術が異なります。

最初のケースはお客全員が席に着いている、
もしくは身体の不自由な方を乗せているといったものです。

こういう状況でバスを運転するときは、
とにかくお客の乗り心地を最優先にハンドルを握りましょう。

クラッチを踏む瞬間やエンジンブレーキのタイミングなど
急激な加速お呼び原則をしないように心がけてください。

例え無料の送迎サービスだったとしても、
スピード最優先で進んではいけません。

毎日同じようなルートを走るのであれば、
アクセルやブレーキを踏むタイミングを見極め、
乗車している人たちが心地よく過ごせるような空間を作りましょう。

もう1つのシチュエーションは、
バスの中で立っている人がいるというものです。

こうしたときには、あまりにも静かすぎる運転は
立ち乗りしているお客を油断させてしまいます。

掴まっていた方が安全だろうなと思わせえる程度のブレーキ加減で、
お客にいざというときの急ブレーキに対して準備してもらうことが大切なのです。

中古トラック販売店でバスを購入する前には、
こうしたテクニックについて振り返っておきましょう。

バスを運転するのに必要な免許とは

バン型のバス車両を購入しようとしている方は、
免許の問題を思い出しましょう。

バスやバンといった車両は、
普通自動車免許だけで運転出来るものもあれば
そうでないものも存在するのです。

自分がバスやバンをどのように利用するかによって、
必要な免許の種類は変わってきます。

そこで今回は、バスやバンといった
通常のトラックとは異なる車両の免許について詳しく見ていきます。

最初に気を付けたいのが、運転しようとしている車両の大きさです。

自動車免許の改正以前に免許を取得した方であれば、
車の総重量が8トン未満の車両を普通自動車免許で運転出来ます。

2007年の改正以降に取得した方は、
総重量が5トン未満の自動車しか運転出来ないので注意してください。

いわゆるバン型のバスであれば
免許の新旧問わず普通自動車免許で運転可能です。

ただし、マイクロバスの場合には中型免許や限定解除をしなくては
どちらの時期に免許を取得したとしても運転は不可能です。

マイクロバスを運転したいのであれば
あたらしく免許を取得するか限定解除が必要だということは覚えておきましょう。

総重量が11トン以上のバスを運転するには、
大型免許が不可欠です。

こちらを取得するには、
普通自動車免許を取得してから
数年経ってからでないといけないことに気を付けてください。

続いてチェックしておきたいのは、
バスやバン型車両で何を運ぶかという点です。

物資の輸送であれば通常の自動車免許で構いませんが、
人を乗せて仕事をする場合には、二種免許が必要になってきます。

バスやバンで送迎するサービスを料金付きで行おうとしたときは、
タクシーと同じで二種免許が必要になります。

ただし、無料で送り迎えをするのであれば
二種免許でなくても良いとされているので
サービスの形態に注意してください。

天然ガスでバスが走る?

中古トラック市場で扱われる車両の中でも、
バスは大きな人気を集めています。

大人数を同時に運べる車両ですから、
サービス業をされている方にとっては強い味方となってくれるのです。

そんなバスの燃料として、
天然ガスが注目を集めていることをご存知でしょうか?

こうしたバスのメリットを知っておくと、
将来中古トラック販売店に天然ガスを燃料としたバスが並んだときに
躊躇することなく購入へと踏み切れるのです。

天然ガスを燃料にしているバスについての知識を先取りしておきましょう。

天然ガスを使用しているバスは、通称CNGバスと呼ばれています。
燃料の供給時間が長いというデメリットはありますが、
それ以上に環境に優しいのが魅力的です。

ガソリンやディーゼルエンジンで問題となっている
炭化水素や窒素化合物といったいわゆる温暖化作用のあるガスの排出量は、
エンジンの工夫によって減少させることが可能なのです。

もう1つの魅力は、非常に経済的であるという点です。

同じ距離を走行したときにかかる燃料代が、
ガソリンや軽油を燃料にしたときと比べて
半分ほどに抑えられるといわれています。

こうした魅力を兼ね備えているCNGバスが導入されているのは、
日本国内において路線バスなどの限られた業界だけです。

天然ガスを供給するシステムが設置されていないことや、
ハイブリットカーが日本国内では人気が高いという理由が挙げられます。

しかし、将来天然ガスの供給ステーションが国内にきちんと設置されれば、
CNGバスが一般の方でも入手出来る可能性は残されているのです。

もし近い将来CNGバスが中古トラック販売店に並んだときは、
上記のようなメリットを思い出して購入への足掛かりにしてください。

福祉事業で求められるマイクロバスとは

高齢化社会と呼ばれて久しい日本では、
福祉事業は成長が見込める産業の1つです。

こうした流れに乗ってデイサービスなどの事業を展開しようとしたとき、
施設の準備と同様に考えなければいけないのが
利用者をどのようにして施設まで送り届けるかという点です。

その手段として、最近ではマイクロバスの活躍が目立ちます。

福祉事業に適したマイクロバスは、
中古トラック販売店で多く取り扱われています。

需要の高さとあいまって、
供給が思うように追いついていないのも現実です。

中古トラック販売店に限られた種類のマイクロバスしかなかったとしても、
いくつか押さえておかなければいけないポイントが存在します。

利用者の視点に立ち、
福祉事業で活用されるマイクロバスの選択基準を確認していきましょう。

最初に注意しておきたいのが、乗り降りの簡便性です。

足腰が弱い方でも簡単に乗れるような
工夫がされていることが最優先の条件です。

ステップが低くなっているものや
通常よりも低いステップが電動で出てくる車両がおすすめです。

車椅子でも簡単に乗り降り出来るように、
バックドアを開いたときにスロープやリフトが下りてくる車両が望ましいといえます。

また、通常の車両よりも捕まる箇所が多いことも
福祉で活用されるバスでは見過ごせない点です。

たくさんの人を乗せたいからといって、
1人が座るスペースを狭くし過ぎているバスは
利用者に負担を強いることになります。

中古トラック販売店に限られた数しかなかったとしても、
こうした点を押さえたうえで最良のマイクロバス選びに努めましょう。

福祉事業で活躍するトラック

トラックといえば、荷物を運ぶだけの車両と思われがちです。

しかし、ときにはバスやバンのように
人を乗せて運ぶ車も含むことがあります。

最近では福祉事業において
バン型の車両をバスのように活用している光景が多く見られます。

福祉事業は需要が大きい市場ですから、
中古トラック販売店でも福祉向けの車両が人気を集めているのです。

そこで今回は、福祉業界で活躍する
バン型トラックについて詳しく見ていきましょう。

バン型の福祉車両は、
運転手以外の方が乗り降りする仕様に合わせて
大きく3種類が存在します。

1つ目は、サイドリフトアップというタイプです。

こちらは、座席が左右に回転し、
なおかつ車外に飛び出すようになっています。

こうした座席のおかげで、
利用者がわざわざ車に乗り込まなくても椅子に座れるのです。

屋外から車内へ入るときの段差を乗り越えるのが辛い方でも
簡単に乗車出来るのが大きな特徴です。

車椅子の方でも座席に座りやすいことも魅力といえるでしょう。

次にご紹介するのは、
リアリフトタイプと呼ばれるバン型福祉トラックです。

こちらは、車いすの方がバックドアから乗り降りしやすいのが特徴です。
バックドアを開くとそこからリフトが下りてきて、
車いすの方はそのリフトに乗るだけで車内へと入ることが出来ます。
車外へ出るときもリフトが自動で動くので安全です。

最後の車両は、スロープタイプです。

こちらも車椅子の方がバックドアから出るときの対応が工夫されています。

バックドアから伸びたスロープを伝って、後部座席へと進むのです。
車椅子を紐で引っ張り、
自動でスロープを登るようになっている車両もあるため、
こちらも簡単に乗り降りすることが可能なのです。

福祉事業に参入しようとしている方は、
利用者に合わせてバン型トラックの購入を考えてみてください。”

トラックに関するより広くて深い知識を

私たちの身の回りには、
トラックのおかげで成り立っている仕事であふれています。

スーパーやコンビニに荷物を輸送するのにもトラックは使われますし、
道路や建物を建設するときにもトラックが活躍しています。

物流はもちろんのこと、
それ以外の世界でもトラックは私たちの生活を支えているのです。

すなわち、トラックを操ることが出来れば仕事の幅は広がり、
より大きな事業を展開することも夢ではないのです。

トラックを新車で購入するには、多くの費用を必要とします。
そこで注目していただきたいのが、中古トラック販売店です。

トラックは多少年式が古くても、
充分に仕事で活用出来る車種ですから
トラックを初めて買う方や
これまでトラックを扱ってきたという方にもおすすめなのです。

ただし、中古トラック販売店を訪れる前には
必ずやっておかなくてはいけないことがあります。

それは、トラックを使って
どんな事業に参入するかを事前に決めておくことです。

先述したように、
トラックが活躍出来るシチュエーションは多岐に渡ります。

「トラックで人やものを運ぶ」といっても
その工程をどのように用いるかが重要なのです。

介護事業のように、主たるサービスの補助的な役割として
マイクロバスやバン型トラックを利用するのも1つの手段です。

無料送迎サービスを売りにすれば、
他の事業者と差を付けられるかもしれません。

小売業を営みつつ、
宅配サービスも行うといった活用方法もトラックには最適です。

アイデアは皆さん次第ですが、そのアイデアの土台として
トラックに関する深くて広い知識を身につけておくことも忘れてはいけません。

そこで今回は、皆さんが日頃目にすることの多いバスや
トラックの中でもあまり知られていないような知識について掘り下げていきます。