福祉事業で活躍するトラック

トラックといえば、荷物を運ぶだけの車両と思われがちです。

しかし、ときにはバスやバンのように
人を乗せて運ぶ車も含むことがあります。

最近では福祉事業において
バン型の車両をバスのように活用している光景が多く見られます。

福祉事業は需要が大きい市場ですから、
中古トラック販売店でも福祉向けの車両が人気を集めているのです。

そこで今回は、福祉業界で活躍する
バン型トラックについて詳しく見ていきましょう。

バン型の福祉車両は、
運転手以外の方が乗り降りする仕様に合わせて
大きく3種類が存在します。

1つ目は、サイドリフトアップというタイプです。

こちらは、座席が左右に回転し、
なおかつ車外に飛び出すようになっています。

こうした座席のおかげで、
利用者がわざわざ車に乗り込まなくても椅子に座れるのです。

屋外から車内へ入るときの段差を乗り越えるのが辛い方でも
簡単に乗車出来るのが大きな特徴です。

車椅子の方でも座席に座りやすいことも魅力といえるでしょう。

次にご紹介するのは、
リアリフトタイプと呼ばれるバン型福祉トラックです。

こちらは、車いすの方がバックドアから乗り降りしやすいのが特徴です。
バックドアを開くとそこからリフトが下りてきて、
車いすの方はそのリフトに乗るだけで車内へと入ることが出来ます。
車外へ出るときもリフトが自動で動くので安全です。

最後の車両は、スロープタイプです。

こちらも車椅子の方がバックドアから出るときの対応が工夫されています。

バックドアから伸びたスロープを伝って、後部座席へと進むのです。
車椅子を紐で引っ張り、
自動でスロープを登るようになっている車両もあるため、
こちらも簡単に乗り降りすることが可能なのです。

福祉事業に参入しようとしている方は、
利用者に合わせてバン型トラックの購入を考えてみてください。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です