福祉事業で求められるマイクロバスとは

高齢化社会と呼ばれて久しい日本では、
福祉事業は成長が見込める産業の1つです。

こうした流れに乗ってデイサービスなどの事業を展開しようとしたとき、
施設の準備と同様に考えなければいけないのが
利用者をどのようにして施設まで送り届けるかという点です。

その手段として、最近ではマイクロバスの活躍が目立ちます。

福祉事業に適したマイクロバスは、
中古トラック販売店で多く取り扱われています。

需要の高さとあいまって、
供給が思うように追いついていないのも現実です。

中古トラック販売店に限られた種類のマイクロバスしかなかったとしても、
いくつか押さえておかなければいけないポイントが存在します。

利用者の視点に立ち、
福祉事業で活用されるマイクロバスの選択基準を確認していきましょう。

最初に注意しておきたいのが、乗り降りの簡便性です。

足腰が弱い方でも簡単に乗れるような
工夫がされていることが最優先の条件です。

ステップが低くなっているものや
通常よりも低いステップが電動で出てくる車両がおすすめです。

車椅子でも簡単に乗り降り出来るように、
バックドアを開いたときにスロープやリフトが下りてくる車両が望ましいといえます。

また、通常の車両よりも捕まる箇所が多いことも
福祉で活用されるバスでは見過ごせない点です。

たくさんの人を乗せたいからといって、
1人が座るスペースを狭くし過ぎているバスは
利用者に負担を強いることになります。

中古トラック販売店に限られた数しかなかったとしても、
こうした点を押さえたうえで最良のマイクロバス選びに努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です