天然ガスでバスが走る?

中古トラック市場で扱われる車両の中でも、
バスは大きな人気を集めています。

大人数を同時に運べる車両ですから、
サービス業をされている方にとっては強い味方となってくれるのです。

そんなバスの燃料として、
天然ガスが注目を集めていることをご存知でしょうか?

こうしたバスのメリットを知っておくと、
将来中古トラック販売店に天然ガスを燃料としたバスが並んだときに
躊躇することなく購入へと踏み切れるのです。

天然ガスを燃料にしているバスについての知識を先取りしておきましょう。

天然ガスを使用しているバスは、通称CNGバスと呼ばれています。
燃料の供給時間が長いというデメリットはありますが、
それ以上に環境に優しいのが魅力的です。

ガソリンやディーゼルエンジンで問題となっている
炭化水素や窒素化合物といったいわゆる温暖化作用のあるガスの排出量は、
エンジンの工夫によって減少させることが可能なのです。

もう1つの魅力は、非常に経済的であるという点です。

同じ距離を走行したときにかかる燃料代が、
ガソリンや軽油を燃料にしたときと比べて
半分ほどに抑えられるといわれています。

こうした魅力を兼ね備えているCNGバスが導入されているのは、
日本国内において路線バスなどの限られた業界だけです。

天然ガスを供給するシステムが設置されていないことや、
ハイブリットカーが日本国内では人気が高いという理由が挙げられます。

しかし、将来天然ガスの供給ステーションが国内にきちんと設置されれば、
CNGバスが一般の方でも入手出来る可能性は残されているのです。

もし近い将来CNGバスが中古トラック販売店に並んだときは、
上記のようなメリットを思い出して購入への足掛かりにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です