スワップボディタイプのトラックとは

トラックは日本の物流を現在でもリードしています。

空路や海路が整備された昨今でも、
空港や港まで運ばれた荷物を
目的地に運び込むのはトラックの役目です。

トラックによる物流は時間との戦いといえます。

より多くの荷物を少しでもたくさん運ぶための技術の開発は、
未来にわたるテーマなのです。

こうしたトラック物流の発展に関する知識を蓄え、
中古トラック販売店でその技術を取り入れた車両を購入することが、
時代に乗り遅れないためには必要不可欠です。

そこで今回は、物流に使われる中古トラックの中でも
最近注目を集めているスワップボディという形式のトラックについて見ていきましょう。

スワップボディとは
一見するとトレーラーのように見えるバンボディタイプのトラックです。

トラックによる輸送は通常、
バンに積まれた荷物を他所へ移すという手順が踏まれます。

しかし、スワップボディタイプは
荷台をそのまま着脱させることが可能なので、
船や飛行機にバンごと積載出来るのです。

これによって中身を移すという工程にかかる時間が大幅に短縮されます。

また、スワップボディに用いられるバンには足がついており、
自立する仕組みになっています。

バンが自立するためトラックドライバーは
バンを荷台から下ろした後すぐに仕事へと戻れるのです。

運転手が荷物を積み下ろしに時間と労力をかける必要が無い
スワップボディタイプのトラックは、
女性トラックドライバーにも扱いやすいのが大きな特徴といえます。

効率的で扱いやすいスワップボディを搭載したトラックは、
中古トラック販売店でも人気を誇っているため、
店頭やリストで見かけたら欠かさずチェックするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です